メイン

2・現在施工中

2017年6月24日

清水次郎長生家、市民の力で修復

静岡県静岡市、旧清水市にある清水次郎長生家で修復工事が始まり、瓦の工事が完成しました。IMG_0773(1).jpg

実は旧清水市が、瓦の生産、全国3位であった為、産業遺産である清水瓦を今回復元させて頂きました。

IMG_1096(1).jpg

復元した瓦は、清水次郎長菩提寺の幼稚園児らに、未来に残すメッセージとして、瓦の裏に記入、弊社職人が一枚一枚丁寧に生家屋根に葺かせていただきました。瓦に何か残す事によって少しでも未来の職人さんにメッセージが残せればいいなと思います

IMG_0793.jpg

瓦にカラフルなメッセージいいですね!

次郎長_22.jpg

片面は既存の清水瓦を選別し葺きなおしました。

2016年6月 6日

アメリカネブラスカ州での工事

日本文化を伝える姉妹都市の交流プロジェクト5月に完成記念式典が現地で行われました。在シカゴ領事、オマハ姉妹都市協会、日本からは、木遣り、剣道、などの市民団体が参加し、会場を盛り上げてくれました。また、会場では、大工組合によるパフォーマンスや、静岡の本山製茶様 寄贈の本山茶、小松園より寄贈の新茶なども振る舞われ、静岡のお茶が感じられる完成披露式典になった。



13342933_1038769662904402_9067275856679612658_n.jpg

2016年1月12日

小田原市では小田原城天守閣の耐震改修工事を行っております。

小田原市では耐震改修工事及び展示リニューアルのため小田原城天守閣の工事をしています。現場サイドよりホームページによる工事の内容の公開などは禁止されておりますので。小田原市観光協会さんのfacebookページをシェアさせて頂いております。

Posted by 株式会社 渡邊商店 on 2015年11月9日

2015年12月10日

焼津市の孤雲院さんの客殿屋根工事

焼津市の孤雲院さんの客殿屋根工事が完成しました。鬼瓦も手作りで作成させて頂きました。

焼津市の孤雲院さんの客殿屋根工事が完成いたしました。鬼瓦には五七桐の寺紋を鬼瓦に入れ製作致しました。瓦は淡路島の昭和窯業さん大変綺麗です!

Posted by 株式会社 渡邊商店 on 2015年12月1日

IMG_8512.jpg

2015年9月 8日

清見寺(登録文化財)鐘楼葺き替え工事

お世話になった、静岡市興津の清見寺さんの鐘楼工事です。清水で生産された清水瓦で葺かれていました。現在、国内における瓦の三大産地といえば「三州(愛知県)」「石州(島根県)」「淡路(兵庫県)」です。しかし、かつては静岡もこの3つに肩を並べるほどの瓦産地だったのです。清水瓦の歴史は古く、江戸時代駿府城築城の際、三河地方から職人さんが渡り住んだ事からといわれています。清水の良質な粘土や、巴川を利用し全国に流通できる販路があったため、発展したとも言われています。

P7150893.jpg

写真は一枚づつくさびを使用し、曲線を描いてるところ。

P7150889.jpg

鬼瓦は裏板が無い古い形状のものです。

P7140876.jpg

大棟には、芯つか といって、棟を支える棟木が入っています。

先日ですが、清見寺の瓦を、清水次郎長生家に葺かれている瓦と比較したところ、寸法がほぼ一致、清見寺と清水次郎長生家と同じ時代の清水瓦が葺かれていた事が判明いたしました。

清水瓦、清水瓦の歴史については、次郎長生家耐震改修・修繕検討委員の建築士 伊藤貴広先生がブログにまとめてございますので こちらをクリック